奇跡はOO人に舞い降りる!

おはようございます!

あなたの人生を変える メールコーチ、名倉 正です ( ´ ▽ ` )ノ

昔、「笑っていいとも」の テレフォンショッキングというコーナーで ある有名ミュージシャンの人が こんなことを言ってました。

『諦めなければ 必ず夢は叶う!』

すると、 タモリさんが

『いや〜〜、 叶わないこともあるでしょう〜;^_^A』

それに対して 有名ミュージシャン

『でもね、タモリさん 死ぬ時、その瞬間 この夢はあきらめられない〜! って言って死んでいった人っています?

そこまでの気持ちがある人は、 みんな夢を叶えているんです。

どこかで、 諦めたから叶わないだけなんですよ〜。』

確か、 こんな会話があったことを 覚えています。

"自由人"高橋歩さんも

「夢は逃げない、 逃げるのはいつも自分だ」

と言ってますね( ´ ▽ ` )ノ

本当に叶えたい夢があるなら 『諦めない』 ことってとっても大事なんですね〜! (^O^)

今日は、 僕が大好きなお笑いコンビ 「サンドウィッチマン」のお話!

伊達さんと富澤さんは、 仙台の高校のラグビー部で知り合いました。

ラグビー部では 『先輩を笑わせた順に帰れる』 というルールがあったため、

2人は一緒に組んで、ネタをつくり 先輩を笑わせていたそうです。

高校を卒業すると、

富澤さんは、 お笑い芸人を目指し、 別の人とコンビを組み

伊達さんは、 親のコネで就職。

しかし、 富澤さんは、 どうしても伊達さんとお笑いをやりたかった。

そして、 3年間もの間、 伊達さんを誘い続けます。

テレビでは ガラの悪いキャラの伊達さん。

実は、 物凄くマジメなんです;^_^A

家は武将・伊達政宗で有名な 『伊達家』の末裔

親はめちゃくちゃ厳しかった。。

学生時代は、 優等生でしたし、

就職後も介護関係の仕事を 一生懸命やっていました。

そんな中、 伊達さんの祖父が亡くなります。

そこで、人生を考え直した時。

「一度の人生、 好きな事やらないとなあ」 と悟り、会社をやめ、 親友とお笑いの道を選ぶ決断をします。

親のコネで入った会社を辞め お笑いをやるわけです。

当然、親には大反対されたと思います。

お笑いやるなら 伊達家の名前は名乗るな! といわれます。

でも、 堂々と『伊達』を名乗り お笑い活動を開始します(^^;;。

親の期待を裏切るという つらい思いもあったと思います。

なにせ、 富澤さんと組んだコンビ名は 『親不孝』 でしたからね;^_^A

コンビ名は後に、 サンドウィッチマンに改名します。

3年と期限を決めて活動、 上京して夢を追いかけます。

しかし 上京後は苦難の連続でした。

1LDK、家賃6万8000円の部屋に 大きめの男2人暮らし(^^;;

期限の3年を過ぎても 売れることはなく、、

それでも 夢を諦めることはできなかった。

バイトをしながら 毎日、毎日ネタを磨き続け、 地道に活動を続けていきました。

気がつけばそんな生活も ブレイクしないまま 9年がたっていました。

そんなある日、

地元、仙台のタレントで恩人の ワッキー貝山さんが 彼らの部屋に呼ばれます。

その時のことを振り返って、 貝沼さんはこんな話をしています。

「『兄さん話があります』 と言うので、東京に行くと

『もうやめます。潮時です』 と富澤が切り出しました。

酒を飲めない彼らの部屋には、 足の踏み場がないほどコーラの缶が転がり、 テレビには後輩芸人が映っていた。

その夜は、 彼らが用意してくれたティッシュ箱を枕に、 3人で川の字になって寝た。 あの光景は忘れられない」

彼らの心は 折れかかっていました。

その年のM-1グランプリ。 (漫才の頂点を決める大会 その年は4,239組が参加)

彼らは、 最後の力を振り絞るように、 大会にエントリーします。

しかし、、、、

彼らを待っていたのは

決勝大会に残ることなく 予選敗退という結果でした。

もうダメだ。。。

でも、、

でも、、、、、

しかし 小さな望みは、 残っていました。

決勝大会には、 敗者復活戦がありました。

それは、 決勝大会当日に、 12月の真冬の野外

参加者に地獄とも呼ばれる めちゃくちゃ寒い環境の中でおこなわれます。

予選で敗退した 50組を超えるコンビの中で、 トップ1組だけが、 敗者復活枠として決勝にすすめます。

その年の敗者復活戦には、 ナイツやオードリー、スピードワゴン などの実力者がいました。

さらに NON STYLE やパンクブーブーなど 後のチャンピオンになるコンビもいて かなりハイレベルなメンバー。

そんな中、

敗者復活戦の勝者として コールされたのは、

サンドウィッチマン!!!!

まだ夢は終わらない!! (≧∇≦)

発表されると、

大井競馬場から 決勝が行われているテレビ局へ すぐさま車で向かいます。

しかし道は大渋滞!!

このままでは、間に合わない( ;´Д`)

急遽バイクに乗り換えて、 会場に向かいます!

そして、 ついにたどり着いた決勝戦!

最終決戦の3組にも残った サンドウィッチマンが 最後に選んだネタは、

『ピザ屋』のネタでした。

このネタは、 実際に、苦しい時に ピザ屋でバイトしていた経験から 生まれたネタでした。

このネタが飛んだことは、 過去に一度もない。

寝ながらでも暗唱できるようなネタでした。

しかしここは、 やっとの思いで辿り着いた 夢の舞台。

緊張が走ります。

寒さの中での漫才や移動。 疲れもたまっていたかもしれません。

ネタの終盤。。。。

富澤さんが サンドウィッチマンの史上最大のトラブル と語る大ピンチがやってきます!

以下 富澤さんのブログより ↓↓↓ 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 (漫才の途中で)

「腹たつなぁ、お前。……ムカつくなぁ」

と伊達がツッコミを、 2回繰り返した。

ん!?

2回目の「ムカつくなぁ」 は台本にない。

意識的に伊達の視線を避けていたけど、 その時パッと目があった。

伊達が、 目でSOSのサインを送っている!

ヤバい! 

こいつ飛んでる! 

次のネタが思い出せてない( ;´Д`)!!

最悪なのは、 伊達の「飛び」が 瞬時に伝染して、

その先のネタを 僕も思い出せなかったことだ。

(マズい……!!  フォローしてやれない!!)

脳の中は F1エンジンのようにフル回転した。

どうする!? 

ここのネタはカットするか、 だとしたらどこから始める!?

あそこか、

ここか!? 

いや、あのくだりだ!!

待て、 それだとオチまで4分を切る!!

じゃあ、 あのネタを代わりにさしこむか!?

ダメだ、 その後の流れにつながらない!!

どうしたらいい!?

何か思いつけ!!

すると‐‐‐伊達が。

「ふざけてるだろ、お前!」

と、フッとネタを思い出してくれた!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ほとんど、だれも気づかない コンマ1秒くらいの間に、 実は大事件がおこっていました。。

そして、それすらも 乗り越えられたのは、

きっと 彼らが夢を信じて過ごしてきた日々の 積み重ねがあったからだと 思うんです。

ネタが終わって 舞台を降りるとき、 気づいたら両膝が ガクガクと震えていたそうです。

そしてついに 審査発表の瞬間。

優勝者として呼ばれた名前は、、、

『サンドウィッチマン』

大会史上初めて 敗者復活組から王者が誕生しました。

その瞬間、 伊達さんは目に涙を浮かべ 「夢見ごこちです」とつぶやきました。

番組終了後、 審査員をつとめていた 島田紳助さんとダウンタウンの松本さんは

『初めてサンドウィッチマンを見たけど、 感動したな〜』

と語りあったそうです。

本当に、本当に どうしても叶えたい夢。

魂が喜ぶような夢は 本当に奇跡を呼び込み 見事にかなっていくんです!

その過程では 苦しいことがあったり、 諦めそうになったりすることもあります。

でもね、 本当に苦しい時の そのすぐ先に、 成幸の扉があったりするんですね〜!

諦めるか?

もう一歩がんばってみるか?

それが、 あなたの運命を変えていきます!

最後の1秒まで 諦めない人のところに 大きな奇跡は訪れますよ(≧∇≦)

今日の動画は

サンドウィッチマンの ピザのネタ!

M-1決勝の動画ではないですが どうぞご覧ください!

*この動画は4分で見れます ↓↓↓




================
【魔法の質問】
今日は、どんな気分ですか?
あなたにとって、
どうしても諦めたくない
大切な夢はなんですか?
どうしても実現したい未来は?
 
 
それを、
これから一緒に
本当に、本当に
叶えていきましょうね〜( ´ ▽ ` )ノ
 
明日は、
さらに
サンドウィッチマンの秘密にせまります!
 
 
それでは
今日も
最高にワクワクする心をもって
いってらっしゃい!
\(^o^)/
あなたの成幸を
心から応援しています!
 

閲覧数:80回0件のコメント