スターウォーズ5:ルーカスの富を構築した超ファインプレー!

おはようございます!

あなたの人生を変える メールコーチ、名倉 正です。

それでは スターウォーズネタ第5弾!

今日は、 富を築いていくための 大事な知恵を教えちゃいますね!

金銭的にも、 もっともっと豊かになりたい!

って人には、 特に超重要な話になりますよ〜(≧∇≦)

スターウォーズの一作目の ルーカスの監督としてのギャラは、 当時の日本円で 5000万円ほどだったそうです。

歴代の記録を塗り替えるほどの 大ヒットにしては、 めちゃくちゃ低い金額です(^^;;

もともと、 SF映画がヒットしなかった時代。

会社も最初は 全然期待してなかったんです。

ルーカス本人だって、 全然期待してなかった。。。

『スター・ウォーズ』公開時 ルーカスは、 興行的失敗の知らせが来るのが怖すぎて、

電話のないオーストラリアの ホテルに潜んでいたほどでした;^_^A (ちょっとかわいいですね。。)

ちなみにその時、 映画の大成功を知らせたのは、 オーストラリアに来ていた 親友のスティーヴン・スピルバーグ だそうですよ!( ´ ▽ ` )ノ

とにかく、

想定外の大ヒットをしちゃったわけです!

会社も監督としてのギャラの上乗せを ルーカスに提案しました!

しかし。。

ルーカスは、 それを断るんです!!

そして、 代わりにあることを 要求しました(*^◯^*)!!

この要求こそが、

ジョージ・ルーカスを 自分が好きなように映画をつくれる 超大富豪に押し上げていくことになるんです! (≧∇≦)

ジョージ・ルーカスの 要求とは、、

なんだと思いますか?

ちょっと考えてみてください! ( ´ ▽ ` )ノ

それでは答え!

ルーカスは 「監督料の上乗せはいらないから、 『商品化権』をくれ!」 って要求をしたんです。

会社も 「えっ!?そんなんでいいの?

グッズなんて売れるかどうかも わかんないのに、、、

全然いいよ!

オッケ〜!!」

って感じで、 『商品化権』を ルーカスに渡したんです!

実は、 これが超ファインプレーだったんです! ♪( ´▽`)

後にグッズ売り上げは、 映画のチケット売り上げの 何倍もの利益を上げることになるんです!

その額は、 なんと3兆円にものぼります! ((((;゚Д゚)))))))

めちゃくちゃ凄いですね!

ここね、 とっても大事な選択だったんです。

『監督としてのギャラ』   と 『商品化権』には 収入の性質が全く異なるんですね〜! (≧∇≦)

『監督としてのギャラ』は

一本映画をつくったら、 いくらもらえるっていう いわば"労働収入"

一方、『商品化権』は、

自分が労働してるかどうか?

時間を使っているかどうか? に関わらず入ってくる、

"権利的な収入" だったんですね〜!

この収入の性質を見分けることが、 富を構築していく上では、 物凄く大事になってきます!

ルーカスは若い頃から、 自分の本当につくりたい映画を、 誰の指図も受けることなく つくれる環境を欲していました。

そのためには、 労働収入じゃダメなんです!

自由な環境を手にいれるためには、 『権利的な収入』が必要だった。

だから、ルーカスは 『商品化権』を要求したんですね〜。

目先の現金を捨ててでも、 将来の可能性への投資をしたわけです!

この選択こそが、 『富』を築いていくために 物凄〜〜〜く大切なんです!

目先の労働収入より、

『永続的な権利的収入』 そして、 『自分の可能性への投資』 を選択していくこと!

これは、 世界中の大富豪の共通点とも言えますね! ♪( ´▽`)

ルーカスは、 このマインドを持っていたからこそ、 その後も、 超大成功を手にしていくことに なるんですね〜(≧∇≦)

スターウォーズって、 全作ハリウッド映画だと思っている人が 多いと思うんですが、

実は、 それって間違いなんですね〜(≧∇≦)

一作目こそ、 ハリウッドでつくったんですが、

その後は、 莫大な『商品化』の利益をもとに ルーカスひとりで資金を調達して、

ほとんどがハリウッドじゃない 彼の自宅があるところで撮った映画なんです!

スターウォーズは、 実は、 超巨大な『自主制作映画』だったんです;^_^A

だからルーカスは、 誰の指図も受けずに、 とことん自分のやりたいように 映画をつくることができたんです! ( ´ ▽ ` )ノ

それこそが 彼の夢だったんです!

その環境も、 元をたどれば、 『富』を築くマインドを 持ち合わせていたから 実現できたんですね〜!

ただ 2015年公開のエピソード7からは、 『スターウォーズ』は またハリウッド映画にもどることになります。

2012年にルーカス・フィルムを ディズニーが買収したからです!

実はね、 その何年も前から ルーカスは、 スターウォーズを引き継いでくれる 良き後継者をさがしていました。

ルーカスはこう語っています。

『「スター・ウォーズ」は 私を超える存在になると いつも信じてきたし、

私が生きている間に バトンタッチすることが 重要だと思った。

ディズニーという新しい家を得た 「スター・ウォーズ」は、

間違いなく生き続け、 今後何世代にもわたって 愛されていくことでしょう。』

ルーカスは子供の頃からの ディズニーの大ファンでした。

実は、ディズニーランドのアトラクション 「スター・ツアーズ」のラストシーンでは 作業員としてジョージ・ルーカス本人が 出演していたりします;^_^A

ディズニーシーには、 インディージョーンズのアトラクションがあるし、

ディズニーのパレードに ダースベーダーが出演したことも あります(≧∇≦)

『大好きなディズニーになら、 今までつくり上げてきた 大切な自分の作品たちも まかせられる!

もっと大きくして、 自分が亡くなった後も 世界中の人たちを楽しませてほしい! (*^◯^*)』

そんな想いが込められて いたんだと思います。

ちなみに、  ルーカスフィルムの売却益は、 40億5000万ドル相当と 言われていますが、 (40億円じゃなくて、 40億ドルですよ〜(≧∇≦))

ルーカスは そのほとんどを、 慈善事業に寄付したそうです! (^O^)

超かっこいいですね〜!

僕も、はやく それくらい寄付できる人間になるぞ〜!! (≧∇≦)

スターウォーズシリーズ!

次でついにラストですよ〜!

お楽しみに! (*^◯^*)

================


【魔法の質問】

今日は、どんな気分ですか?

あなたの仕事の報酬は、
労働収入ですか?
権利的な収入ですか?
毎月、
どんなことに
どれくらい
自己投資していますか?

権利的な収入を
増やしていくには
どんな方法があるでしょう?
あなたの可能性を開花させるための
自己投資には
どんな方法があるでしょうか?

書き出してみてください。

そして、
その中から、
自分がワクワクするものを選んで
思い切ってトライしてみましょう!
(^O^)

それでは
今日も
最高にワクワクする心をもって
いってらっしゃい!
\(^o^)/
あなたの成幸を
心から応援しています!
 

閲覧数:55回0件のコメント